日常の足としてカブは最強ではないでしょうか

本多技研工業が発売している50ccバイクのカブというのがあります。よくお蕎麦屋さんの出前などで使われているので、バイクのバの字も知らない人でも、「ああ、あれか」と分かるというぐらい有名なものです。
雑な使い方をしていても壊れにくく、燃費もいいのでコストパフォーマンスが非常に良いと言えるでしょう。私も日常の足はもっぱらカブに乗っています。
操作系はマニュアルなのですが、自動遠心クラッチといって、エンジンの回転数が上がると自動的に繋がるタイプのものですので、面倒なクラッチ操作は必要ありません。左足のチェンジペダルを踏んでガチャガチャとギアをアップダウンさせるだけです。非力なエンジンですが、上り坂などではギアを落としたりと、工夫をして乗るのもまた楽しいものです。
スピードに応じて最適なギアを使いつつ乗っていると燃費はぐっと良くなりますが、エンジンをやたら吹かすと当然燃費は悪くなります。ただし、最近のモデルはFIといってエンジン内の燃料噴射をコンピュータで自動制御しているので、どのような乗り方をしてもそこそこの燃費は維持できるようです。
テラクオーレのダマスクローズクレンジングミルクは通販で【超お得】