その背景にはいろいろな季節の夕日や風景を番組で使っていたのです。

テレビのハートネットだったか、介護の日々を綴った番組をやっていたときでした。俳句で日常の気持ちを現していたのですが、その背景にはいろいろな季節の夕日や風景を番組で使っていたのです。単純に夕方の風景でも山だけのものや、湖に夕日が映ったもの。「お祭りの思い出」というようないろいろなお店が並んだもの、それはもう介護風景にはぴったりというのか、涙もにじんできそうな風景でした。でも、それは何も悲しいばかりではなく、何かを包み込んでしまいそうなパワーのあるものでした。「すこしでもそこから目を離したくない、ずっと見ていたい」というようなそんな風景なのです。いまでは自分も介護をしてあげれる立場なのですが、だんだんと反対に未来を想像してしまうことも多いです。でも、元気で長生きするには今からどんなことをやっておけばいいというのでしょう。足腰を鍛え、身体にいいものを取り入れ、身体に悪いものを排除するといったような心が前も必要になるかもしれません。
マリオネットラインを解消する!整形ナシで消す方法とは【老け見え】