ようやく鶴を折れるようになった息子

小六の息子は、学校からもらったプリントを適当に折って持ち帰ってきます。
どうやら紙を半分に折るのが苦手なようで、そういえば幼稚園の頃は折り紙も苦手だったことに気がつきました。
低学年ならともかく、高学年にもなってこれでは今後が少し心配なので、一念発起して折り紙を教えることに。本人に言うと、いきなり鶴が折りたいと言うではありませんか。
半分に折るのさえ適当なのに、いきなり鶴なんて……と思いましたが、本人のやる気も大事です。鶴を教えてあげることにしました。
まずは紙を半分に折ることから始めるわけですが、なかなか綺麗に折れず……。これは手間取るぞ、と覚悟を決めたのですが、半分に折ることをクリアしてからはとてもスムーズに進みました。
あっというまに鶴が完成し、「やればできるじゃん!」と息子を褒めたのです。しかしもう一度折ろうとすると、今度は折れない。いつもどこかでひっかかり、最初のは何だったんだろうと思うくらいでした。
頑張って、頑張って、ようやく最初から最後まで自力で折れるように。そして今日、千羽鶴を作ると言いだし、折り紙を沢山買ってきました。
本当に千羽折れるのか、今からとても楽しみです。
すっきりフルーツ青汁の効果を、口コミと成分から徹底調査してみた!