忙しい毎日の中でも褒めて育てていきたい

主婦の私は毎日、掃除や洗濯、買い物に、夫や子供のご飯の支度をして、幼稚園の送り迎え等、慌ただしい毎日を送っています。その中、ふと子供のちょっとした成長に気付くことがあります。例えば、ご飯を食べる時、お箸が上手に使えるようになったとか、手先が器用になり、以前より上手に折り紙が折れるようになったとか。それを発見した時は、忙しい中でも子供の傍に行き、すごいねえと褒めてやるようにしています。子供を褒めることは大事であると、育児本や園から教えらえますが、実際私自身も褒められて育てられたので、それがよくわかります。私が幼い時、えらいねとか、お前は優秀だ、など父や私を知る親せきのおじさんに言われてきました。褒められると嬉しくなり、自信を付けた私はそれを励みに勉強を頑張っていた記憶があります。その理由で自分の子どもにも、叱ったり怒ったりするより、なるべく小さなことでも褒めることを多くして、子供に自信を付けさせていきたいです。そしていっぱいハグして愛情を注いでいきたいと思います。
妊娠線・正中線を消す抗メラニンクリームの効果と仕組みとケア方法