2つのポイントで新米をおいしく炊くことができます!

秋の味覚には様々な種類の食材がありますが、「新米」と呼ばれる私たちの主食である米も秋に「旬」を迎えます。
水を吸収しやすく割れやすい特徴がある「新米」は、普通の米と同じように研ぎ、炊いてしまうと、粒の形がいびつになり水気のある食感になってしまいます。 そこで、「新米」をおいしく炊くことができる、2つのポイントがあります。
① 「新米」はやさしく洗う。
通常、米を研ぐときは、力を入れてごしごし洗う方が多いと思いますが、「新米」は指の腹で力を入れずにやさしくかき混ぜるように洗い、水が濁らなくなるくらいのすすぎの回数で大丈夫です。
② いつもより少なめの水で炊く
水の吸水率が高い「新米」は、水の量をほんのわずか少なくしましょう。 また、1時間くらい研いだ米を水に浸しておくと、「新米」らしい粘り気のあるおいしいご飯を炊くことができます。
ほんの少し手間をかけるだけで、さらにおいしい「新米」を食べることができます。 ぜひ試してみてください。 ちなみに言えば、「新米」と袋に記載がされおり、すぐわかります。

スムージーダイエットは「痩せた」だけでなく+αを求めるのが超大事!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です